ジャージとゴープロで旅行に

旅行を愛する全てに人に!

MENU

【美容】日焼け止めは塗るべきか

f:id:jersey01:20181129182014j:plain



皆さんこんにちは!

冬も近く今日この頃、寒暖の差が日によって激しいですから、皆さん体調管理をいつも以上に行う様にしましょう。

さて、今回の話題は日焼け止めに関してです。

是非最後までお読みになって、気に入った場合は読者登録もお忘れなく!

 

それぞれの意見

まずは日焼け止めに対する意見を両方向から確認してみましょう。

日焼け止め肯定派

日焼けというものは、肌にとって有害で、将来的にシミ、シワ、そばかすの原因となります。

また、それだけではなく、最悪の場合、皮膚ガンという深刻な病気を患う危険性もあります。

日焼け止めを毎日十分塗ることによって、これらのリスクを最低限まで落とすことできる上に、美容面でもメリットがあります。

決して肌が白い方がいいということではありませんが、中途半端な黒さの場合、どうしても暗くて汚い印象を与えてしまいます。

つまり、日焼け止めは塗れば塗るほど健康によく、毎日塗る必要があるものです。

日焼け止め否定派

日焼け止めは少なからず肌にダメージを与えています。

昔の日本人は日焼け止めを塗っていなかった訳で、日焼け止めは不自然で人間に適さないものです。

故に、肌へのダメージを考慮すると、日焼け止めを利用するメリットはなく、ただ出費が増えるだけなのです。

また、日焼け止めを塗ってしまうと、人間が紫外線の効果で生成するはずのビタミンDや、骨の形成に必要なカルシウムが不足してしまい、様々な健康的な害が発生します。

例えば、日焼け止めの塗りすぎによる骨粗鬆症の例は何件かありますし、日光というものは人間の生活に必要不可欠なものです。

つまり、日焼け止めを塗る必要は全く無いのです。

結局どちらがいいのか

とりあえず事象の両面性を検証する為にご覧の様な形で両方向から考慮してみましたが、僕の意見としては、真夏には日焼け止めを使用する必要はあるが、冬には使用する必要は無いと思います。

日差しが強い夏は紫外線対策必須

f:id:jersey01:20181129181548j:plain

というのも、真夏は紫外線が非常に強く、日焼け止めによる肌のダメージよりも紫外線による肌へのダメージの方が大きいからです。

すなわち、日焼け止めを使用した方が肌へのダメージは少ないのです。

ただ、日差しの弱い北国に関してはたとえ真夏であっても日焼け止めを塗る必要はないかと思います。

紫外線対策は不要な冬

f:id:jersey01:20181129181605j:plain

冬はその逆で、日差しが非常に弱いので、日焼け止めを塗る方が肌へのダメージが大きいという訳です。

また、冬はより多くの日光を浴びないと、カルシウムやビタミンDが不足してしまう場合があります。

何故ならば、夏と違って露出する肌の面積が狭い上に、日差しが弱いからです。

夏の時はいくら日焼け対策を行ったとしても、肌は少しは紫外線を浴びますし、室内にいるだけでもしっかりとカルシウムは生成されているはずです。

しかし、冬になると意識して日光を浴びないと日光不足になってしまう可能性があるのです。

従って、冬は日焼け止めを使わない方が健康的にも経済的にもいいでしょう。

中間的立場の春と秋

f:id:jersey01:20181129181652j:plain

では、春と秋はどうなのかといいますと、これは場合によると思います。

例えば、秋でも外に出て運動する場合は日焼け止めを塗る必要があると思いますが、逆に屋内にいるだけなのであれば塗らない方がいいと思います。

要するに春と秋は夏と冬の中間的な日焼け止めの使い方をすればいいということです。

結論

以上の様に、季節によって紫外線対策をするのが最も健康的な日焼け止めの使い方だと思います。

もちろん、使うのであれば肌へのダメージが最小限の物を使うべきだと思います。

次回は、僕がお勧めする健康的な日焼け止めをご紹介したいと思うので、是非とも読者登録をしていただき、明日の記事もお読みください。

ということで、さいなら〜