ジャージとゴープロで旅行に

旅行を愛する全てに人に!

MENU

【エスパルス】来季からのグッズ値上げについて思うこと

Image result for ã¨ã¹ãã«ã¹ ã­ã´

皆さんこんにちは。

今回は清水エスパルスが先日発表した、来季からのグッズ、チケット等の値上げについて思うことを書いていきたいと思います。

 

概要

こちらがその記事になります。

www.s-pulse.co.jp

これをみてショックだった方や嬉しい気持ちの方もいると思います。

僕は完全に割れていて、残念がる金欠状態の僕と嬉しがる純粋なエスパサポの僕がいました笑

それはさておき、どういった内容なのか一応要約しておくと、

  1. これまで強化費用を増やしてきたことが現在の好調に繋がっている
  2. これ以上の法人営業での増収は見込めない
  3. コスト削減が出来る部分は残り少ない
  4. 強化費用のさらなる増加の為に来季から個人に関連した商品の値上げを行う

ということです。

それについて思うことがかなりありましたので、以下に僕の意見を述べさせていただきます。

これ以上の強化費用の増額は必要か

f:id:jersey01:20181127172134j:plain

これは本当に疑問に思いますが、優勝した川崎フロンターレと同等の強化費用まであと一歩というところで、増額は必要なのかもしれません。

しかし、強化費用を増やせば強くなるかというと、そういう訳ではありません。

川崎フロンターレは決して金持ちなクラブではありませんが、それでも優勝しています。

また一方では、ヴィッセル神戸や、名古屋グランパスエイトなどといった所謂金持ちクラブの成績低迷も顕著で、決して強化費用の積み上げが優勝への必須条件ではないということが分かるかと思います。

従って、僕の意見では、今回の発表におけるさらなる強化費用の増額の必要性は疑問視しています。

優勝を目指し、将来に向けて

ただ、やはり清水エスパルスJ1リーグの中でも比較的貧乏なのにも関わらず、ここまで大きく成長できた要因の1つに強化費用の積み上げがあり、さらなる増額によって成長が見込めるのも間違いありません。

おそらくクラブ運営としては、将来的には老朽化が進むIAIスタジアム日本平を置き換える形で新しいスタジアム建設がしたいというのもあるはずですし、北川選手や立田選手を筆頭に若手の成長が著しい中で、強化費用の増額はやむを得ない戦略なのでしょう。

さらに、ベテランと若手のバランスが最高な現在である為、来季でタイトルが取れなければこの先しばらくはタイトル争いに絡むことが出来なくなるかもしれないという危機感もあるのでしょう。

即ち、強化費用の増額を個人レベルの値上げによって賄うのはクラブの今後の命運を賭けたものになると思います。

ファンにとっては痛い値上げ

Image result for ã¨ã¹ãã«ã¹ ã¦ããã©ã¼ã 

確かにクラブの成長は喜ばしいですし、タイトル争いに絡んで最終的にはユニフォームに星が付く日がきたらいいと思います。

がしかし、やはり値上げというのは痛いものです。

これは政治経済的な話になりますが、現在は個人の収入には変化がないのに無理やり物価をあげていて、日本全体的に購買意欲が落ちている状況にあります。

そんな中でいきなり値上げを宣言されても困るというのはサポーター全員にある気持ちだと思います。

まあせいぜい数百円程度ならいいですが、数千円レベルで値上げをされると痛いですよね。

この値上げ幅がどれぐらいになるかは計り知れませんが、出来るだけ小さいことを願うしかありません。

アウェイサポーターはさらに痛い

これは本当にまだ分からない話ですが、ビジターサイドのスタンドのチケット代の値上げがあるかもしれません。

もしそうなった場合、交通費や宿泊費で出費をしている上でさらに出費をさせられて、とんでもなく辛いことになるはずです。

また、値上げがあればアウェイの応援に来ないというサポーターもいるに違いありません。

アウェイサポーターというのは、クラブそのものだけでなく、クラブが属する地域全体の経済活性化に影響してくるので、非常に重要な存在だと僕は感じます。

ですから、出来ればビジターサイドのチケット代は据え置きで、もしくは値下げを検討してもいいぐらいだと思います。

何故ならば、アウェイサポーターが清水の別の場所でお金を使い、地域の経済が活性化されれば、エスパルスのサポーターの財布の紐も必然的に緩み、よりグッズが売れるという好循環に入るからです。

従って、東スタンドのチケット代の値上げはかなり危険な賭けだと思います。

要するに、来季は勝負の年になる

Image result for ãã©ã¸ã« å½æ

代表取締役長の左伴氏が発表した通り、この値上げは「最後の最後の手段」なのです。

つまり、本気で来季はタイトルを勝ち取りに行くシーズンになるはずです。

そこで清水サポーターの方は値上げという辛い現実を見ながらも、最後はみんなで喜べるシーズンにするという意気込みで望むでしょう。

だからこそ我々サポーターはここで財布の紐をきつく締めてしまうのではなく、あえて、緩め、スタジアムに足を運ぶだけでなく、グッズを購入してチームを優勝へとサポートする必要があるのです。

僕はエスパルスの来季での戦いに対する強い意気込みが感じられます。

なので僕は値上げ幅がどれだけ多くてもエスパルスサポーターでありたいと思います。

皆さんはどうしますか?